相続税 申告 小田原


相続税 申告 小田原


相続税の申告でお悩みなら、小田原のライトハウス税理士法人(小田原オフィス)にお任せ下さい。相続は亡くなった人の財産を親族等の相続人が受け継ぐことですが、遺産の額が基礎控除額を超える場合、基礎控除額を差し引いた額に対して相続税が発生します。相続税が発生しない場合、相続の申告は必要ありません。しかし小規模宅地等の特例などの適用を受けることで基礎控除額以下に抑えられる場合は、申告する必要があります。所轄の税務署に、申告書を提出して納税しましょう。財産を受け取る相続人の住所を所轄する税務署ではなく、亡くなった被相続人の住所地を所轄する税務署に届け出ます。

相続の申告期限は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から起算し、10か月以内。この期限内に申告しなかった場合、小規模宅地等の特例等や配偶者の税額軽減措置の適用といった、優遇措置全般が受けられなくなるので、注意が必要です。遺産の額がぎりぎり基礎控除額以内という場合も、一度申告しておいた方が無難です。もし申告期限を過ぎたあとで把握していた以上の遺産が発覚した場合、「意図的に申告しなかった」とみなされて、加算税が課される可能性があるためです。
遺産分割協議が整っていない場合でも、法定相続分にしたがって分割したとして、期限内に一度申告をすませましょう。そうしておけば、申告期限から3年以内に修正申告や更正の請求をすることで、特例等の適用が受けられます。それまでには遺産分割協議を成立させるようにしましょう。

相続人には、相続財産によって重大な不利益をこうむらなくてすむよう、相続財産に対する3つの選択肢があります。何も手続きをしなければ「単純承認」となり、すべての財産を引き継ぐことになりますが、債務の相続範囲をプラスの財産の範囲だけとする「限定承認」や、財産を一切引き継がない「相続放棄」も可能です。
限定承認や相続放棄を選択する場合には、相続の開始を知った日から3か月以内に家庭裁判所に申し出ます。相続の申告期限より短いので、注意しましょう。当事務所では相続税のご相談や申告代行も可能なので、ご相談ください。

お問合せはこちらから。
ライトハウス税理士法人(小田原オフィス) 〒250-0012 小田原市本町2-3-24 青色会館2F
電話 0465-21-0180 FAX 0465-21-0181

相続税 申告 小田原

▲ 相続税 申告 小田原 TOP

会社設立 小田原 開業 創業 相続 相続税 相続税 申告 相続税 相談 会計事務所 税金
Copyright (C) inokuma-tkc.com. All Rights Reserved.