相続税 小田原


相続税 小田原


相続税でお悩みなら、小田原のライトハウス税理士法人(小田原オフィス)にお任せ下さい。 相続税とは、相続によって評価額が一定以上の財産を取得した時に、支払い義務が生じる税金です。相続のときには被相続人が亡くなっているため、生前からこつこつと相続税の負担軽減対策に取り組んでおくことが何より大切です。

相続税の税額は、相続によって取得した財産と、生前贈与によって相続時精算課税の適用を受けた財産の評価額を合計した金額をもとに算出します。この金額から葬儀の費用や債務、非課税財産を差し引いた金額に、相続開始前3年以内に贈与された財産を加算した金額が正味の遺産額です。

お墓や仏壇、国や地方公共団体などへ寄付した財産、生命保険のうち一定金額、死亡退職金のうち一定金額などが非課税財産となります。ここでいう財産には、金融資産だけでなく不動産や貸付金などの金額に見積もり可能な権利、死亡保険金などのみなし相続財産も含まれます。相続税が発生するのは、正味の遺産額が基礎控除額より多い場合のみ。基礎控除額を差し引いた残りの金額が課税遺産総額となります。

基礎控除額は、定額控除3000万円+600万円×法定相続人の数、という式で算定。平成25年度の税制改正によって、基礎控除を算定するための定額控除が5000万円から3000万円に、法定相続人比例控除が法定相続人ひとり当たりに対して1000万円から600万円に引き下げられました。つまり、これまでよりも相続税の課税対象となる人が、増えていることになります。

課税遺産総額に対する課税率は、8つの段階にわけられており、その境目にかかると1000万円の相続財産の違いで、1500万円以上相続税に違いが出る場合もあります。相続税は、土地に建物を建てることで評価額を下げたり、生前贈与制度を利用したりといった、さまざまな対策が可能です。当事務所は税金の専門家として、相続税対策のアドバイスも行っております。お気軽にご相談ください。

お問合せはこちらから。
ライトハウス税理士法人(小田原オフィス) 〒250-0012 小田原市本町2-3-24 青色会館2F
電話 0465-21-0180 FAX 0465-21-0181

相続税 小田原

▲ 相続税 小田原 TOP

会社設立 小田原 開業 創業 相続 相続税 相続税 申告 相続税 相談 会計事務所 税金
Copyright (C) inokuma-tkc.com. All Rights Reserved.