創業 小田原


創業 小田原


創業を小田原でお考えの企業様へ。ライトハウス税理士法人(小田原オフィス)では創業時の資金調達などのサポートも行っております。創業前後には設備投資や当面の運転資金など、多くの資金が必要となります。健全に事業を運営していくために、キャッシュフローが回るだけの現金を常に手元に確保しておきましょう。

運転資金の目安として、設備投資などの開業資金を差し引いた後で、売り上げの3か月分から半年分を持っておくとよいとされています。それだけの資金が確保できていれば、万が一創業直後に全く売り上げがない状態でも、軌道に乗るまで安心して事業を継続できます。創業時は思わぬことで費用が必要になる場合もよくあるので、多めに資金を用意しておきましょう。

創業時の資金調達には、自己資金のほかにもいくつかの方法が考えられます。一般的な資金調達方法としてよく利用されるのは、融資です。融資が受けられる金融機関には、政府系金融機関である日本政策金融公庫や、銀行等の民間金融機関があります。銀行で受けられる融資には、銀行独自の一般的な融資であるプロパー融資と、信用保証協会の保証付き融資という公的融資があります。

創業時にはやはり信用度がまだ低いので、プロパー融資では一般的に審査が通らない場合が多いようです。そのため公庫や信用協会の保証付きの、公的融資がおすすめです。ノンバンク系のビジネスローンは金利が非常に高く、利益を圧迫するためおすすめできません。融資の審査に通るためには、自己資金が少なくとも開業資金の半分は必要だといわれています。さらに事業計画書などの書類の作成にも、審査に通りやすくなるためのコツがあります。

創業時の資金調達を円滑に行うためには、それらのコツをアドバイスできる専門家に相談することをおすすめします。当事務所では創業時の資金計画や利益計画の支援もうけたまわっておりますので、ご相談ください。このほかに創業時には、中小企業庁の創業補助金や、東京都の創業補助金といった、補助金・助成金が受けられるケースもあります。これらは返済の必要がないため、資金計画を立てる上で非常に頼りになる資金。当てはまる制度は積極的に活用しましょう。

お問合せはこちらから。
ライトハウス税理士法人(小田原オフィス) 〒250-0012 小田原市本町2-3-24 青色会館2F
電話 0465-21-0180 FAX 0465-21-0181

創業 小田原

▲ 創業 小田原 TOP

会社設立 小田原 開業 創業 相続 相続税 相続税 申告 相続税 相談 会計事務所 税金
Copyright (C) inokuma-tkc.com. All Rights Reserved.