小田原の起業サポートならライトハウス税理士法人(小田原オフィス)


起業 小田原


小田原で起業をお考えの方へ。ライトハウス税理士法人(小田原オフィス)では起業のサポートも行っております。新しい事業を始めるときには不安もあるでしょうが、誰しも頭の中が良いビジョンでいっぱいになります。それはとても良いことですが、それだけではせっかく始める事業を成功に導けません。 起業にあたっては、綿密な事業計画が非常に大切になります。この事業計画を記した「事業計画書」は、公庫や銀行で融資を受けるときにも必ず提出を求められます。つまり事業計画書は会社の体質を表す、それだけ重要な書類なのです。

計画は多方面から練る必要があり、どの内容も大切ですが、販売計画や仕入れ計画、収支計画に比べると、軽視されがちなのが資金繰り計画です。とくに創業して間もなくは思うように集客できず、計画より業績が伸びないことが多いもの。また「そういえばあれも用意しなくてはいけなかった」などと、予定外の出費もかさみます。もし計画通り順調に売り上げが伸びて黒字になったとしても、油断してはいけません。販売代金を手形で受け入れていたり、クレジットカード支払いだった場合などは、実際の入金が数か月先になることもあります。そうなると現金を多めに用意しておかなければ、不渡りを出してしまうことに。もししばらく収入が思うように入らない時期が続いても慌てずに経営に専念できるよう、創業時には現金を売り上げの3か月分から半年分程度用意しておくことが望ましいとされます。

当事務所は多数の企業の創業支援に携わってきた実績を持っており、中小企業庁から経営革新等支援機関として認定も受けておりますので、もちろん事業計画書の作成実績も豊富。経営を軌道に乗せるための計画書作りを支援します。計画は立派なものを立てれば、あるいはそれで融資の審査に通ればよいわけではありません。実行して初めて意味が生まれます。経営を進めていくにあたって、その内容も更新していくことになります。明日につながる起業支援を通し、夢の実現をお手伝いさせていただきますので、ご相談ください。お問合せはこちらから。

小田原で起業をお考えなら当事務所にご相談下さい。
ライトハウス税理士法人(小田原オフィス) 〒250-0012 小田原市本町2-3-24 青色会館2F 電話 0465-21-0180 FAX 0465-21-0181

起業 小田原

▲ 起業 小田原 TOP

税理士 小田原 資金調達 資金繰り 経営革新支援機関 経営支援 事業承継 起業 創業補助金 創業塾
Copyright (C) inokuma-tkc.com. All Rights Reserved.